「私を縛って…」なんて女性に言われたら、誰もが驚くと思います。昔から緊縛プレイというのはありましたし、そういうAVを見たことのある男性もいるでしょう。しかし、自分がそういうことをする立場になるなんて、誰も思いませんよね?

私も緊縛プレイを経験したことがあり、しかも相手から希望されました。最初は「縛るのってそんなにいいのかな…」と思いましたが、やってみると「女性の柔らかい肌に縄が食い込むのってエロいな…」と思ったのです。

縛られてのセックスを希望してきた女性とは、不倫パートナーでした。妻とは本当にノーマルなセックスしかしていなかったし、不倫相手とするときもそれでいいと思っていたのですが…相手からマニアックなプレイを望むのは、予想外でしたね。

なぜこういうセックスを希望してきたのかと言うと、そういう調教をされた過去があるからです。この不倫パートナー、実は数年前まで旦那の上司と不倫関係にあり、その上司が緊縛好きの変態だったのだとか…。

最初は「断ったら旦那の昇進に響くかもしれないし…」と渋々上司に付き合っていました。まるでAVみたいなシチュエーションですが、やはり実際にこういうことはあるようで、旦那には悪いと思いつつも甘んじていたのです。

しかし旦那とのセックスとは全然違う気持ちよさに、彼女の体は徐々に夢中になりました。そしてある日から緊縛プレイまでされてしまい、「旦那にもされたことのないプレイをさせられるなんて…」と思いつつも、体は逆らえません。

ですがその上司との日々は案外あっさり終わり、相手が転勤したことで解放されました。直後に旦那は昇進が決まり、彼女としてはやっと心安まる日々が訪れたのですが…上司に身も心も縛られた結果、もはや旦那では満足できません。

こうして不倫パートナーを探し、自ら緊縛プレイを要求してきました。旦那に求めるという手もありましたが、そんなことをすれば上司との関係がバレるかもしれないので、ほかの男に頼むしかないのです。

なので私もそれに付き合うことになり、持参していた縄を使って縛ったのですが…この女性、スタイルがいいせいで縛った際の姿が映えており、すごく興奮します。それに自由を奪われている女性に挿入しているのは、無理矢理犯しているような雰囲気もあってたまりません。

今度は外での緊縛プレイを希望されており、私もそれに付き合う約束をしています。女性を縛るというのは、こんなにもエロいものなんですね…。