女性の体というのは、それぞれで大きく異なっています。服の上だと似たようなスタイルの女性であっても、いざ脱がしていると全然違った特徴があり、それらを観察するのもセックスの醍醐味ではないでしょうか?

「セックスするときは夢中だし、そんな余裕はないかも…」とおっしゃる方も結構いると思いますが、それは慣れていないだけです。私も若くて経験が浅い頃は相手の体を観察する余裕なんてなく、とにかく触ったり舐めたりして、準備ができたらすぐに入れていましたね。

しかし今は結婚しているし、セックスもかなりの回数をこなしてきたから、相手の体を観察する余裕もちゃんとあります。ちなみに、私の妻は目立つホクロがいくつかありまして、口元と太ももにぽつんと存在しているのがセクシーでした。

胸とお尻は小さいものの、その分子供を産んでもスリムであり、私としてはまだまだ女盛りだと思うのですが…子供を産んでからの妻はなかなかつれなくて、「ごめん、ムラムラしたなら自分でなんとかして」と言うことも多いです。

つまりは自慰で我慢しろということですが、この発言を「それなら、不倫パートナーを作って遊んでもいいよな…」なんて少し曲解しまして、実際に不倫相手を作ってその人と遊んでいたのです。もちろん、不倫相手の体にもちゃんと特徴がありますよ。

不倫パートナーは妻に比べるとややぽっちゃりとしていますが、太っていると言うほどではありません。むしろ肉付きのバランスがなかなかいいと感じており、抱き締めたときの弾力は明らかに妻よりも優れていました。

そしてなにより、胸の形状がエロいです。この不倫パートナー、実は乳首が陥没していまして、本人はこれがコンプレックスみたいですが…私は陥没乳首の女性とは初めてセックスできたこともあり、大変興奮していました。

陥没乳首というのは勃起しないと出てこないため、セックスでも少し手間取っているようです。だから旦那はなかなか抱いてくれなくなり、それで不倫に応じてくれたわけですが…私からすると、陥没乳首を楽しめないのはもったいないですね。

陥没乳首は勃起させる必要があるように、普通の女性よりも胸への愛撫を増やせます。胸が普通だと「この人、胸ばっかり触ってくる…」と不服になりやすいため、長く胸を触れるのはありがたいのです。

陥没している分、勃起させたときの喜びはひとしおですね。そして味見したときもなんだかおいしく感じるし、陥没乳首は素敵な特徴ではないでしょうか?