なにかの研究で、『スポーツをする人はしない人よりも前向きで明るくなる』という結果が出ています。スポーツをすれば体が強くなるのはもちろんのこと、精神面に関する影響についても議論されており、日々いろんな研究が進められているようです。

たしかに学生のときも、スポーツ系の部活をしている友人は明るい人が多かったですね。中には爽やか系のイケメンもいたし、当然のようにモテていたことから、明るい性格だと異性にも好かれるかもしれません。

また、明るい性格だとお互いの関係も爽やかに感じるというか、ドロドロとした感じにはならないと思います。私にはスポーツ好きの不倫パートナーがいるのですが、不倫という関係でありながらも、会うときは爽やかな気分になっていますね。

私も妻とセックスしなくなったことをきっかけに、不倫パートナーを探した男です。夫婦によってセックスの頻度は異なりますが、やはり「新婚時代が終わると、徐々にしなくなったな…」と答える人はとても多く、私もそうなってしまいました。

妻はそんなにしたくないのかもしれませんが、私はまだまだセックスが好きだったということもあり、我慢できずに不倫パートナーを探してしまった…これが、くだんの女性との出会いです。初めて会うときは「本当に大丈夫かな…」とビクビクしていたし、背徳感もありましたが…。

この女性、趣味がスポーツということで、性格はかなり明るいです。彼女も旦那とはご無沙汰なのですが、旦那が嫌いになったというわけではなく、「やっぱり、人間ならセックスしたくなるじゃん!」という軽いノリで相手を探していました。

あまりの軽さに最初は唖然としそうでしたが、こういう相手と話していたら私の罪悪感も随分と和らぎ、徐々にセックスが楽しみになったのです。そして一緒にホテルに行ったら、それこそスポーツのようなセックスをします。

積極的に私を刺激してくれますし、気持ちいいときはどんどん声を出すし、とてもアクティブでした。そして体力もあるからか1回で終わるわけがなく、お互いが疲れ果てるまでセックスを繰り返したのです。こんなに激しく絡み合ったのは、若い頃以来ですね…。

今もこの不倫パートナーとは関係が続いていますが、こういう性格のおかげで気後れすることはなく、ずっと爽やかな関係が続いています。国によってはセックスもスポーツの一環として捉えられていると聞きましたし、彼女にとって私は『スポーツ仲間』なのかもしれませんね。